2017年11月24日

平成29年度北海高校陸上部OBOG会総会・懇親会が行われました

去る11月11日(日)18時30分より札幌市中央区南5西2、ANAholiday inにて平成29年度北海高校陸上部OBOG会総会並びに懇親会が行われました。最初に総会では、石黒副会長が開会を告げた後、松田会長より挨拶をいただき、議案審議に入りました。
内容的には、北海陸上部100周年記念に向けての記念誌の発行と祝賀会の実行委員会の組織の早期決定。会員獲得を行なってきたが、50代以下の会員獲得が今後の課題であること。正に次年度のテーマでもある如何に伝統継承を行なって行くかが今後の検討となっております。
懇親会では、顧問として、北明 元北海高校校長先生と二瓶北海校校友会副会長より祝辞を頂戴し、現北海高校陸上部顧問、長谷川先生より、現在、陸上部の部員が男女70名がおり、昭和50年に全道優勝して以来、40年余り低調な時代が続いてきたが、今年は、インターハイの全国大会に5種目に出場することができ、また秋の新人戦では、男子100mで、10秒86の安田選手(北海道強化選手)、男子200mでは、21秒6の大橋選手、110mHでは、出口14秒66男子4×100mや男子4×400mなども上位を占めている状況があり、明るい兆しがあり、益々の北海OBOGの方々のご支援をいただきたいとの熱の入ったスピーチをいただきました。
【写真・原稿提供:北海高校陸上部OBOG会事務局次長、野村安美様(高校29期)】


IMG_1133.JPG

IMG_1112.JPG

IMG_1125.JPG

IMG_1129.JPG

IMG_1100.JPG

IMG_1122.JPG

IMG_1127.JPG

posted by 北海校 校友会 at 16:34 | 校友会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする